建築計画は計画的に!不動産売却をしてからのハウスメーカーで家を建てる流れ

不動産を売却する時に、内覧時に気を付けたいポイント

不動産売却を考えている場合、購入希望者を探す必要があります。そこで最も効果がある時が内覧です。実際に不動産の購入考えている方が、どのようなことをすれば物件を購入するかどうかを考える必要があります。

物件そのものの、立地条件や、金額も大切ですが内覧した時の第一印象が非常に大切です。内覧後に少しでも良い印象を持ってもらえるような準備が必要です。

内覧の意味

きれいに掃除する
立地条件や築年数などは変更できません。またリフォームが必要なものは予算がかかってしまい、こちらもなかなかできるものではありません。購入者にとって良い印象を与えるために、一番簡単にできることは物件を奇麗にしておくことです。

特に売却まで生活をする場合は、毎日少しずつでも掃除をしておく必要があります。購入者にとって定期的に掃除をしているかどうかはすぐにわかります。どれだけ条件が良くても掃除ができていなければ良い印象が残りません。奇麗であればあるほど売却ができる可能性が高いと考えてください。また売却主が奇麗に住んでいたと考えるだけで、購入者にとっては好印象につながります。

水回り

購入者は特にキッチンやお風呂などの水回りが奇麗でなければ、 その物件対する印象は下がってしまうと考えてよいでしょう。 特別な業者用の洗剤など使う必要ありません。常日頃から奇麗にしておけば購入者にも伝わるのです。

玄関

内覧を見に来る購入希望者にとって、はじめに入る玄関が汚れていれば印象が下がることは間違いありません。玄関が汚れていれば「現在の利用者は玄関すら奇麗に出来なくなれば、他にも汚れている所が あるに違いない。」と考えてもおかしくありません。

通常では気づかないことでも、 玄関対して第一印象が下がっているため仮に他の部屋が奇麗でもイメージは残らないでしょう。玄関は長時間いるわけではないので、汚れが溜まりにくいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし意外と玄関は汚れが溜まっており、気にする方にとっては耐えられない状態となります。そんな状態で不動産が売却できる可能性は低くなります。

臭い対策

匂いに敏感な方は大勢いらっしゃいます。内覧会で来た時に嫌な臭いがすると、内覧をしていても嫌なイメージしか残りません。また部屋が奇麗であっても、タバコ を吸っていたり、ペットを飼っていたりするとどうしても臭いが残ります。

他にも エアコンのフィルターが汚れていれば、嫌な臭いが残ります。逆に言えば臭いに気を使っていれば、購入者が持つ印象が良くなります。

内覧当日に注意する点

良い環境にする
いくら良い物件で、奇麗な状態にしていると言っても内覧の時不快な温度であれば部屋をじっくり見る気にもなれません。購入者にじっくりと部屋を見るための心地いい環境を作ることも、不動産売却へとつながるのです。

例えば暑い夏でも、普段から節約などで エアコンをあまり使わない方でも内覧の時は相手のことを考え、適温にしておくことが大切です。少しでも良い環境を作るために空気清浄機を設置しておいても良いでしょう。

また暗い部屋は、これから住もうとしている人に対して良い印象を与えません。さらに暗い部屋は部屋が狭く見えてしまいます。普段よりも明るい電気を選んで、少しでも部屋を明るく見せることが大切です。また部屋を明るく見せるには電球だけではなく、カーテンを開ける、無駄なものは置かないなど色々な工夫をすることができます。

考えられる質問を想定する

部屋が気に入った購入希望者は、少しでも詳しく知りたいと質問してくることが多くなります。質問が多くなってくると購入を検討している可能性があります。しかしそれらの質問にしっかり答えることができないと、イメージダウンになってしまいます。

相手の方に合わせて考えられる質問を予測しておく必要があります。例えば小さなお子様がいらっしゃる購入希望者であれば、学校や病院は近いか、夜はうるさくないかなどです。 他にもスーパーなどの生活面や環境面に関して聞いてくることは多くなるでしょう。できるだけ購入者の立場に立って、答えを用意することが大切です。

他にも自然災害が多い日本では、耐震強度を気にする人が多くいます。内覧前に不動産の担当者が伝えているとは思いますが、答えられるようにしておきましょう。
また最近では、インターネット利用する人が多くなっており、通信環境を気にすることが多いです。そのため携帯電話など電波状況を調べておくと親切でしょう。

しかし内覧時にこのような疑問に対して、購入希望者が納得いくような答えをすることができれば売却へと繋がるのです。少しでも物件のいいところを見ていただくのはもちろんですが、売主の人柄も購入希望者は見ています。人生において1度か2度あるかないかの大きな買い物です。感じの悪い売主から帰りたいとは思わないでしょう。

また売主が感じ悪ければ、近隣トラブルなどの心配が 増えるではないかと考えてしまいます。内覧では不動産の物件だけではなく、売主さんの人柄も見られていると考えてください。

逆に言えば あまり質問しないで、早めに終わらせたいという方はその物件自体に既に興味がないか、場合によっては冷やかし程度の可能性もあります。 細かい質問の回数が増えれば増えるほど、 その物件に対して興味が湧いているということなので親切な対応をするようにしてください。

売却理由

購入者が内覧時に多く持つ疑問の一つに、「なぜこの部屋を売却するのか」ということです。売却しなければならないような実は隠れた理由があると考えてしまうこともあるのです。見た目には見えないような近隣トラブルがあるなど、 内覧だけではわからないことが多くあるのです。

また問題を隠したまま売却をすると、 住んだあとからトラブルが発生し損害賠償へとつながることもあります。そのため売主は問題点も全て含めて購入希望者に伝える必要があるのです。

しかし売主にとってもプライベートなこともありますし、どこまで答えていいかわからないと考えてしまうこともあるでしょう。全ての理由を伝えてしまったら、どれだけいい物件でも売れなくなってしまうことがあります。

子供の進学や、家族の引っ越し、また田舎暮らしをするなどの理由で移住を考えているなど話しやすい理由であれば問題ないでしょう。購入希望者もこのような理由であれば、聞いてもネガティブになることはなく安心して購入することができます。

次の家を建てようとしている方も多いでしょう。そいった場合には次に住む家のイメージをしっかりと決めておくことが重要です。

注文住宅を建てたい場合はこのような記事が参考になりました。参考にしてください。

参考サイト ハウスメーカーランキング2019~家を建てる方必見!坪単価や特徴を比較

しかし売却理由はポジティブなものばかりではありません。ローンが払いきれない、近隣トラブルや障害など環境が悪い、近所で事件が起こったなど ネガティブな場合もあります。 特に周辺の環境や近隣トラブルに関しては、前もって伝える必要があります。売却時に告知書に記入する必要があります。

しかし近隣トラブルといっても、売主との間でトラブルになっている可能性もあり、前もって不動産会社と相談をしてみると良いでしょう。

いくらネガティブな理由であっても、購入希望者には関係なく、売主の問題つまり住宅ローンが払えないために売却へとつながっている時などは、伝える必要はありません。 逆にこのような理由を言われても、購入希望者にとって良いイメージがわきません。

売主個人的な理由であれば言う必要ありませんが、今後購入希望者にとってもトラブルなる可能性があることは内覧対応時に伝えておかないと、後から大きなトラブルになってしまいます。これらのことを話したことによって、売却へと繋がなくても仕方がないと考えるべきですし、値引きなどの対応をすることもできます。

もしできればこれらネガティブな状況に対して、対応策を伝えられると購入希望者のとっても信頼をすることができるのです。

判断に困った時は不動産会社など、必ず第三者に相談をするようにしてください。内覧時に問題点を伝えなければ、後から大きなトラブルとなってしまいます。

内覧のアポイントを大切にする

購入希望者が内覧のアポイントを取るということは、購入の可能性があるということです。いくら部屋を気に入っていただいても、タイミングが合わなければ売却することができません。そのため売主にも都合があるかと思いますが、できるだけ購入希望者の予定に合わせる方が売却へと繋がる可能性があります。

また購入希望者にとってタイミングが合うだけではなく、自分のことを考えていると言った好印象につながることもあるのです。どうしてもタイミングが合わない場合は、不動産会社の担当者に依頼することもできます。できるだけ購入者の希望第一で動くようにしてください。

内覧後

内覧が終わった後、売却に繋がるまで一週間以上かかることはあまりありません。それは購入を考えている間に、他の人が決めてしまうということも不動産ではあり得ます。逆に言えば一週間を超えて返事がない場合は、購入する気はないと考えて好きなことを考えるべきでしょう。

購入をすると決めた場合、希望購入価格や物件引き渡しの希望日などが書かれた購入申込書を受け取ることになります。この内容に合わせて売却額の交渉が必要となりますが、できるだけ考えていた売却額に近づけるような交渉をすることが大切です。

しかしいつまでも希望の売却額にこだわりすぎていては、なかなか売却できないこともあります。そのため初めから、売却してもいい最低金額を決めておくことがスムーズな売却へと繋がります。物件は一般的に時間が経てば経つほど、売却できる金額は落ちてきます。 よく考えて売却へと進めるようにしてください。

内覧は購入希望者がアポイントを取って見に来てくれるもので、不動産を売却することを考えている人にとっては大きなチャンスです。そのため最大限奇麗な状態にして、購入希望者の立場に立ってできるだけ購入しやすいような環境を作ることが大切です。

参考サイト 国土交通省が発表している住まい方の変化

また購入希望者は、物件そのものだけでなく売主の人柄も見てきます。売主が購入希望者の考えるような疑問点をしっかり応えることができると、売りにしての信頼関係が出来上がります。また良い点だけではなく、問題点もしっかりと伝えることが大切です。

後から問題が発覚した場合は、損害賠償へとつながることもあるのです。売主が内覧時に一番気をつけないといけない点は、購入希望者の立場に立って考えてみるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です